ガタパーチャブランブルゴルフボール 1890年代

HGSBB
4 小計
¥5,390
(税込)
¥4,900

(税抜)

ガタパーチャブランブルパターンは人気のデザインでした
ボールの表面にはたくさんの小さな突起物がありました
ボールメーカーは1800年代後半に鋳型を使用し始めました
ガタパーチャボールは1900年代初期までボール販売において優位を占めていました
今日のボールにはこのオリジナルディンプルパターンが真似て作られています。
Handmade in St Andrews, Scotland

閉じる

ガタパーチャボールは大衆にゴルフを開放したボールで、ゴルフボールの開発において最初の重要な発展を遂げたボールでもあります。サポジラの木はマレーシア土着の木で、この木の樹脂から作られています。この樹脂は元々歯科医術に使用されるために輸入されました。この樹脂は熱湯で温められるととても柔らかくなり容易に形作れることが発見され、ガタパーチャはゴルフゲームに革命をもたらしました。後に、ボールの飛距離に影響する模様が付けられるようになりました。現代のボールはディンプル模様で、これはガタパーチャ時代の名残です。ブランブル版は今日のディンプル模様に一番似ています。このボールは本物のガタパーチャボールに忠実に作られたものです。このボールは実際に使用していただけます。
Handmade in St Andrews, Scotland

4 小計