Featherie ボール1600年代

HGSFB
5 点
残り数点
¥6,804
税込み
¥6,300

tax excl.

フェザーリー ボール1600年代

1600年初期、羽を詰めた革のボールが発明されました
このボールは牛革とガチョウの羽から作られました
上等なフェザリーの製造はまるで科学のようでした
1836年セントアンドリュースでサミュエル メシユはフェザリーボールで360ヤード飛ばしました
フェザーボールはクラブセットと同じくらいの値段がしました

ルーツはスコットランド東海岸で、最初のゴルフボールは木から作られていました。1618年新しいタイプのゴルフボールが作られましたが、それは牛革の球にガチョウの羽が詰まっているものでした。それがフェザリーボールが発明でした。このボールは、まだ牛革と羽が濡れている内に製造され、革が乾くと羽が膨らみ、硬く、コンパクトなボールになります。これらのボールは塗料でコーティングされてから売り出され、時にはクラブより高値がつけられました。フェザリーボール製作の手間のかかる工程は、ボールの値段を上げ、大衆の手の届かないものとなりました。高価でしたが、このタイプのボールは素晴らしい飛びの特性を持っており、木製ボールをあっという間に廃れさせました。2世紀にわたり、フェザリーボールは一般的に使われてきました。このボールは本物のフェザリーボールに忠実に作られ、実際打っていただくこともできます。この手作業で作られた本物のフェザリーボールは、ゴルフで使用していただけます。

Handmade in St Andrews, Scotland

5 点
新規商品