Guttie Hammered ボール 1860年代

HGSHB
2 点
残り数点
¥5,076
税込み
¥4,700

tax excl.

ガタパーチャ ハマード ボール 1860年代

スコットランドのアラン ロバーツソンとトム モリスがガタパーチャボールを改良しました
この2人はボールが欠けていたり、切り込まれていたりする方がよく飛ぶことを発見しました
彼らはボールにこれらの跡を付けるため、ハンマーの裏側を使い始めました
ボールは『ハンドハマード』ボールと呼ばれ、様々なデザインがありました

ガタパーチャボールは大衆にゴルフを開放したボールで、ゴルフボールの開発において最初の重要な発展を遂げたボールでもあります。サポジラの木はマレーシア土着の木で、この木の樹脂から作られています。この樹脂は元々歯科医術に使用されるために輸入されました。この樹脂は熱湯で温められるととても柔らかくなり容易に形作れることが発見され、ガタパーチャはゴルフゲームに革命をもたらしました。後に、ボールの飛距離に影響する模様が付けられるようになりました。現代のボールはディンプル模様で、これはガタパーチャ時代の名残です。ハンドハマーバージョンは、ゴルフにおける空気力学の到来を示す前兆でした。初期のプレーヤーは傷のついたスムースボールがボールの飛びに影響を及ぼすことに気が付きました。このボールは本物のガタパーチャボールに忠実に作られたもので、実際プレーに使用していただけます。. この手作業で作られた本物のガタパーチャボールはヒッコリーゴルフに使用することができます。

Handmade in St Andrews, Scotland

2 点
新規商品