1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
 1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)

ヒッコリー「Baffing Spoon」フェザリーボールクラブ1835年

MCRAPS
0 アイテム
¥63,800
(税込)
¥58,000

(税抜)

このヒッコリー「バフィングスプーン」フェザリーボールクラブ1835年
ヒューフィリップ;最高のゴルフクラブ職人
よくくぼんでいて鉤状フェイスのオリジナル木製ウェッジ
古代スコットランドの言葉「バフ」から名付けられ、意味は打つ
フェザリーボールを浮かせるためのカットショットが出来るようデザイン
稀少品;このオリジナルに正確に複製されたクラブはフィリップの伝説に心から敬意を払います

このヒッコリー「バフィングスプーン」フェザリーボールクラブ1835年
ヒューフィリップ;最高のゴルフクラブ職人
よくくぼんでいて鉤状フェイスのオリジナル木製ウェッジ
古代スコットランドの言葉「バフ」から名付けられ、意味は打つ
フェザリーボールを浮かせるためのカットショットが出来るようデザイン
稀少品;このオリジナルに正確に複製されたクラブはフィリップの伝説に心から敬意を払います

この1835年代の「バフング」フェザリーボールスプーン(Philip)
ヒューフィリップのクラブは、ゴルフクラブのストラディバリウスと呼ばれています。1856年の彼の死後以来、フィリップはロングノーズクラブの最高の職人として世界で広く知られています。コレクターはこれらのウッドをロングノーズやロングヘッドクラブと呼んでいます。当時のゴルファーは3~5本のクラブをゴルフバッグに入れていましたが、このうち1本がパターでした。このオリジナルに正確な複製品はフィリップの伝説に心から敬意を払いながら製作されています。この木製オリジナルウェッジはよくくぼんでいて、よりロフトを付けるために鉤状のフェイスに切り抜かれています。名前はとても古いスコットランドの言葉「バフ」または「打つ」から付けられています。クラブはフェザリーボールを優しくグリーンに乗せるため、モダンなウェッジカットショットとしてプレーするようデザインされました。良い状態のオリジナルはいくつか今日も残っていますが、オークションでは非常に高い値が付けられています。

このビデオ ヒッコリーゴルフクラブを製作している職人。弊社セントアンドリュース工房にて職人達がどのようにヒッコリーゴルフクラブを制作しているのかについてのビデオです こちら。ディスカバリーチャンネルによる提供。
Handmade in St Andrews, Scotland