1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ
1830年代の「ラットアイアン」フェザリーボールトラブルショットのクラブ

ヒッコリー「Rut Iron」フェザリーボールトラブルクラブ1830年

MCRARI
1 アイテム
最後の一つ
¥45,100
(税込)
¥41,000

(税抜)

このボールがあるところから触れずに打つのは13のゴルフルールの内の1つでした。19世紀初期のゴルファーはフットボールやアーチェリーをする他の使用者と争って共有の土地でゴルフをしていました。海藻や砂を運ぶ荷車は車輪の跡を残しました。これゆえ、このラット(わだち)アイアンは車輪などの跡(わだち)からボールを出すためにデザインされました。アイアンは1870年頃まで基本的に困難なところから打つために使われていました。そしてゴルファーは1本しかゴルフバッグに入れていませんでした。1890年頃に1セットの中のアイアンの数がウッドの数を超えるようになります。「ラットアイアン」はニブリックの初期版でした。丸いソールはゴルファー達が『カッピー』なライからボールを打ちやすくしました。このクラブは右利き用です。価格には、オークウッドの壁掛け用マウントが含まれます。

閉じる

このボールがあるところから触れずに打つのは13のゴルフルールの内の1つでした。19世紀初期のゴルファーはフットボールやアーチェリーをする他の使用者と争って共有の土地でゴルフをしていました。海藻や砂を運ぶ荷車は車輪の跡を残しました。これゆえ、このラット(わだち)アイアンは車輪などの跡(わだち)からボールを出すためにデザインされました。アイアンは1870年頃まで基本的に困難なところから打つために使われていました。そしてゴルファーは1本しかゴルフバッグに入れていませんでした。1890年頃に1セットの中のアイアンの数がウッドの数を超えるようになります。「ラットアイアン」はニブリックの初期版でした。丸いソールはゴルファー達が『カッピー』なライからボールを打ちやすくしました。このクラブは右利き用です。価格には、オークウッドの壁掛け用マウントが含まれます。

このビデオ ヒッコリーゴルフクラブを製作している職人。弊社セントアンドリュース工房にて職人達がどのようにヒッコリーゴルフクラブを制作しているのかについてのビデオです こちら。ディスカバリーチャンネルによる提供。
Handmade in St Andrews, Scotland

1 アイテム