1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」

ヒッコリー「Giant Niblick」糸巻きボールクラブ1920年

MCRAGN
1 小計
最後の一つ
¥45,100
(税込)
¥41,000

(税抜)

このヒッコリー「ジャイアントニブリック」糸巻きボールクラブ1920年
この人気のジャイアントウェッジ、フェイスには手で刻印された『ドット』
フライパンやシャベルのニックネーム
マスターするには難しいクラブー大きいからと言って良いわけではありません
ディスプレーに美しく興味深い1本
一流ゴルフコレクターのお気に入り
ヴィンテージ化粧箱に入れて、ゴルフギフトとして最適

閉じる

このヒッコリー「ジャイアントニブリック」糸巻きボールクラブ1920年

この人気のジャイアントウェッジ、フェイスには手で刻印された『ドット』
フライパンやシャベルのニックネーム
マスターするには難しいクラブー大きいからと言って良いわけではありません
ディスプレーに美しく興味深い1本
一流ゴルフコレクターのお気に入り
ヴィンテージ化粧箱に入れて、ゴルフギフトとして最適

この1920年代の「ジャイアントニブリック」糸巻きボールウェッジ「Nicoll」
ほとんどのクリークメーカーは1920年代彼らの商品の中に「ジャイアントニブリック」を含めました。この不格好な道具にはたくさんのニックネームがありました;フライパンやシャベルはそれほど残酷ではないニックネームの2つです。この道具を使いこなすには正確にフェースにヒットさせることが必要とされ、そのせいか大きなウェッジは今日あまり見かけることがなくなりました。ニブリックは初期のラットアイアンへと進化していきます。丸いソールはゴルファー達が『カッピー』なライからボールを打ちやすくしました。クラブの堂々としたサイズは、コレクションやディスプレーに魅力的です。
このクラブは右利き用です。価格には、オークウッドの壁掛け用マウントが含まれます。

このビデオ ヒッコリーゴルフクラブを製作している職人。弊社セントアンドリュース工房にて職人達がどのようにヒッコリーゴルフクラブを制作しているのかについてのビデオです こちら。ディスカバリーチャンネルによる提供。
Handmade in St Andrews, Scotland

1 小計