ガタパーチャスムースゴルボール 1840年代

HGSSB
2 小計
最後の一つ
¥5,390
(税込)
¥4,900

(税抜)

ガタパーチャボールは1840年ロバート パターソン博士によって発明されました
パターソン博士はインドからの彼の荷物にゴムの固まりを見つけ、ゴルフボールを作るために使いました
彼はこのゴムがたやすく成形でき、硬く耐久性があることに気が付きました
ボールはゴルフクラブのわずかな値段で買えるようになりました。
Handmade in St Andrews, Scotland

閉じる

ガタパーチャボールは大衆にゴルフを開放したボールで、ゴルフボールの開発において最初の重要な発展を遂げたボールでもあります。サポジラの木はマレーシア土着の木で、この木の樹脂から作られています。この樹脂は元々歯科医術に使用されるために輸入されました。この樹脂は熱湯で温められるととても柔らかくなり容易に形作れることが発見され、ガタパーチャはゴルフゲームに革命をもたらしました。後に、ボールの飛距離に影響する模様が付けられるようになりました。スムースボールはガタパーチャボールの最初のサンプルとして作られ、くぼみがありませんでした。くぼみはプレーヤー達が傷のついたボールの飛距離の変化に注目したした後に付けられるようになりました。このボールは本物のガタパーチャボールに忠実に作られたもので、実際打っていただくこともできます。
Handmade in St Andrews, Scotland

2 小計